Be Coaching

K.tatsuo

菊池達郎

Be Coaching 株式会社 代表取締役

1987年9月 東京生まれ
3.11で「生きたい人生を生きよう」と決心し、神奈川・湘南に移住。
茅ヶ崎サザンビーチの近くで、妻・息子・猫・犬と暮らす。(猫派)

名前の「達郎(たつお)」を「たつろう」と呼ばれることが多いが、本人は気にしていない。

ホルモンとチーズ好き。
沖縄と福岡に突然フラッと旅する習性あり。
一人行動が好きだが、現地ですぐに友人ができて朝までハシゴ酒することも多々ある。

息子と歌いながらチャリンコで保育園に行くのが日課。
保育園からサンタクロースを任されるほど、子煩悩で育児好き。

教育実習中、女子ソフトボール部でメンタルコーチを担当。

練習開始は定刻の1時間後、部員の仲は悪く、夢や目標もやる気もない絶望的なチーム状況にショックを受けるが、上級生が時折見せた「本当はもっと上手くなりたい、勝ちたい」と訴える姿に心を打たれ、絶対にチームを強くすると決意する。

練習後、グラウンドに自然と集まった三年生と円になり座った。

「本当はどうなりたいの?」

その問いにキャプテンから本音が溢れ出た。

「本当は負けたくない、都大会に出たい」
「指導してくれている顧問の先生のためにも勝ちたい」

そこから堰を切ったように部員たちから想いが溢れ出すが、同時に不安もあった。

「後輩たちの本音を聴くのがこわい」
「後輩たちがついて来てくれるか不安」
「今から練習しても、大会に間に合わないかも」

不安のまま行動せず引退するか、それとも残された時間で夢を目指すか。
三年生たちの想いは後輩にも届き、決意の涙とともに夢を固めた。

自然と朝練が始まり、定刻前から走って準備し、時間いっぱい汗を流した。
互いに本音を伝え合い、鼓舞し合いながら急速に実力をつけ、日常生活も一変。

普段は愚痴ばかりの食事会で、部外の先生方から「彼女たちはここ最近、本当にガラリと変わりましたね。目標に向かっている気持ちが伝わって来て応援したくなります」と言われ、夢を目指す姿は人の気持ちも動かすのだと、嬉し涙で実感した。

いよいよ始まった地区大会を勝ち抜き、つい数週間前まで教員さえも信じていなかった都大会出場を実現。

初戦に優勝候補と激突し華々しく散るも、卒業後もソフトボールを続け全国優勝、大手フィットネス業界で優秀なトレーナーとして受賞などOGの活躍は目覚ましく、チームも常に都大会を狙う強豪校に成長。

初対面では死んだような目だった彼女たちの充実した笑顔を見て、このまま学生を応援しようと思った矢先、彼女たちが言った。

「私、大人になって社会に出るのが嫌です。
 つまらなそうだし、マイナスイメージしかありません。
 だから菊池さんみたいに楽しそうに働く大人になりたいです」

その言葉で実感する。

『子どもたちは本来、夢や憧れや可能性を持っている。
 だからこそモデルになる大人との出会いが必要だ』

本当にコーチングが必要なのは、子どもたちと接点のある教育職や、大好きなことを仕事にしている起業家だと気づき独立。

本質から問題解決し、本当にやりたいことだけをしながら人生を豊かにする「菊池式メタ・コミュニケーション」理論を考案。

「人間関係の悩みがゼロになった」「初めて自分を信じられるようになった」「まるで生まれ変わったみたい」と喜びの声が続出している。

菊池式メタ・コミュニケーションで幸せになった方の声はこちら

著書
元・偏差値36のプロコーチが教える成功とメンターの本当の話
「あなたの悩みはすべてメンターの仕業だった!」

Be Coaching

お問い合わせ・お申し込み

コンタクトフォームよりご連絡ください
(24時間受付/3営業日以内の対応となります)